いい子にしてたらひとつだけ
よわむしなきむしさみしんぼ
甘美なユニコーンの口笛
愛してほしくて手をたたく
花びらをたどるように旅をしよう
セラミック・ラブ・ショコラ
子猫のあくび
とても素敵な夢でした
わたしだけのポシェット
あっかんべーおばけ

もう届くことのない水彩の惑星
電波塔まで駆けていく、不安定な明日を抱きしめる
君に伝える合言葉
パズルは完成したけれどそこに未来はなかったよ
流星を探す少年の話
シュガー・マイレディ
しあわせがこんなにもかなしいだなんて
花柄くつした
花を食べて鏡のわたしにキスした
今から愛しますのでどうぞよろしく

嘘をつくのがへたっぴね
短い前髪を撫でてビスケットを食べた一昨日のわたし
パパの書斎で拾った魔法
つまんないって言ってるわたしはつまんない人間
黒いペンで手紙を書いた少年
星屑に返事を出す少女
欠如した痛みと剥き出しの愛
脳髄に薔薇
心音は聞こえない、ここは水中、君の悲しみ
雨の日の恋人

たとえば高架線下の空白
とどきますように
恋をするように嘘を吐いて、夢を見るようにキスをして
スプーンひとさじのまぼろし
少女と心臓は淡いリボンに包めて、月曜日の庭に花葬します
ミルクティに蜂蜜をすこしと今日のしあわせ。あなたを想う呪文も忘れずに
傘をひろげて溢れだす秘密の星くず
だいじょうぶ、まだ想いだせるわ、その声も心音も
傷だらけのばいばい、振り返って密葬
魔女になりたい人魚になりたい

水魚と劣化、苺とメルヘン
くだらないキスをしました
週末の約束
ミルキーホワイトペイント
やわらかいレースをビスケットに添えて
油絵の具と魔法使い
腐敗する隣人
スウィート・スケッチ・パッケージ
色を変える、おだやかに、とける
27時、荒廃の街
- mono space -